大学受験と部活の両立は可能です。両立するコツも紹介【時間とコンテンツの有効活用が大事】

部活と勉強の両立

大学受験を考えているんですが、やはり部活と両立するのは難しいんでしょうか?
大学受験をするのであれば、部活は辞めなければいけませんか?

そんなあなたのためにまとめました。

まず結論からお伝えすると、大学受験をするからといって部活を辞めなくても大丈夫です。私の経験上、部活を辞めなくても大学受験に挑戦して結果を出すことは可能です。

なぜなら私も高校3年生の12月まで部活をやって、現役で大学進学しましたし、今は効率よく学習するためのコンテンツが揃っているからです。アプリもそうですし、YouTubeなどもそうですね。

この記事では、あなたが自信を持って大学受験に取り組めるように「大学受験と部活を両立するコツ」をまとめました。

使いやすいアプリやサービスも紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

大学受験と部活は両立できます

まず結論からお伝えすると、大学受験と部活は両立できます。なぜこのように言い切るかというと、私が高校3年生の12月まで部活を続けて、1月のセンター試験(2021年から大学入学共通テストに変更)で現役合格をした経験があるからです。

高校3年生12月まで関東大会出場 → センター試験で現役合格

簡単にエピソードとしてお話しすると、私は高校時代にサッカー部に所属していました。レベルとしては関東大会まで出場するくらい。そして最後の公式戦は高校3年生の12月というスケジュールでした。サッカー協会はなかなかハードなスケジュールを組んできますよね笑。

なので週6日間の活動を高校3年生の12月まで続けていました。そしてあなたと同じく、大学進学を見据えていたので、受験勉強も並行していました。毎日19時〜20時くらいまで部活をしつつ、帰ってから勉強という毎日。

もちろん大学受験は生まれて初めての経験でしたので(誰でもそうですね)、いろいろと考えながら学習をしました。その結果、部活引退1ヶ月後の1月のセンター試験で現役合格して、大学に進学することができました。

自分自身こんな経験をしていますので「大学受験と部活は両立できる」と考えています。自分をコントロールして、効率よく勉強をする。これが大事です。ちなみに塾や予備校には通ったことがありませんので、学習方法も自分で考えながら取り組んでいました。

考えながら学習に取り組んだ結論として、

  • 時間の有効活用
  • 学習の効果の最大化

が非常に大事だなと感じましたので、以下で詳しく解説します。

大学受験と部活を両立するコツ

大学受験と部活を両立するにあたって、何よりの障害となるのが「時間」です。部活があるあなたは帰りが20時、21時になることもよくあるでしょう。

そんな短い時間を有効に活用するには、

  • 「本当に時間を有効活用できているか?」
  • 「限られている時間を効率的に活用できているか?」

という視点が大切です。順番に解説していきます。

時間の使い方を見直してみる

まず、スキマ時間はめいっぱい活用できていますか?

  • 朝…15分早起きして勉強する。通学時間に単語アプリを開く
  • 昼…おしゃべりしている時間を減らして参考書を開く
  • 夕…テレビとスマホをOFFにして集中できる時間を確保する etc…

このように追加のスキマ時間を見つけることはできませんか?生活を今一度見直してみましょう。テレビやSNSをやっている時間にも要注意です。リフレッシュのつもりでも、その時間を少し削って勉強に当てることができるかもしれません。

「でも、そんなこと何回も考えたし、今もそれなりに有効に活用できているよ!」というあなた。では、そのスキマ時間は最大限の効果を生み出せていますか?

ツールは最大限活用していますか?

勉強に活用可能なアプリは最大限活用できていますか?「単語帳アプリくらいかな!」というあなたはまだまだ改善の余地があるかもしれません。

例えば集中力を持続させるアプリ「Forest」は知っていますか?

>>iPhone向け「Forest」をダウンロードする

>>Android向け「Forest」をダウンロードする

アプリを起動させると「スマホを触っていない時間だけ、木が育つ」というアプリです。スマホを隔離して勉強に集中したいときにぴったりです。途中でスマホを触ってしまうと木が枯れてしまうので、もったいなくて触れなくなります。友達と協力して育てることも可能です。

普段は集中力を奪ってくるアプリですが、有効活用して集中力アップです。

そして木を育てるともらえるコインを貯めると、なんと本物の木も植えることができてしまいます(植樹活動に寄付する形です)。勉強しながら森林保護です。

今はみんな当然のようにアプリを活用していますが、数年前はこんなにたくさんのアプリなんてなかったですからね。こういったアプリの情報をとっていくことも大事です。時代の恩恵には最大限あやかりましょう。

>>iPhone向け「Forest」をダウンロードする

>>Android向け「Forest」をダウンロードする

時にはダラダラやってもOK → 自分を責めることは何よりも非効率です

今までの話と正反対の見出しですが、時にはダラダラとやってしまってもOKです。寝転がりながら講義動画をみたり、YouTubeみながら教科書開いたり、寝落ちしたり。こんなこと誰でもやります。

ここで言いたいのは「ダラダラやってしまった自分を責めない」ということです。「自分ってダメなやつだな〜」と思っている時間ほどムダなことはないです。

もう過ぎてしまったことはしょうがないです。これから何をするかに焦点を当てましょう。全然取り返せるし、ダラダラやっていたところがテストに出て、点数を稼げるかもしれません。

もちろんガツっと集中し続けるに越したことはありません。でも、誰しもダラダラしてしまうことはあるということ。そして終わったことを悔やんだり、自分を責めたとしても始まりません。これから何をするかに集中しましょう。

動画学習はあなどれません → しっかり活用しましょう

そして、私が受験勉強をしていた時に大活躍したのが「動画学習」です。知識定着には動画学習が非常に有効です。

動画学習は文字での学習よりも2倍の効果があると言われています。

視覚に訴えかける映像と聴覚に訴えかける音声を掛け合わせた「動画」のコンテンツを制作し、視聴者に向けて配信した場合、テキストだけで構成される「記事」コンテンツよりも「2倍」、記憶の中に留まり続けるのです。

出典:動画は「記事コンテンツの2倍」記憶に残る――忘れられない企画の「3つの要素」

このブログでも何回か引用している文章ですが、ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスの実験によると「文字で学習するよりも映像で学習した方が2倍記憶に残る」ということが証明されています。

時間の有効活用が何よりの課題であるあなたにとって、動画学習はなくてはならない存在です。私は学生時代に「web玉塾」という動画コンテンツにお世話になりましたが(今もかなり充実したコンテンツになっています)、新しいサービスがどんどん出てきています。

スマホで学習が当たり前になりつつある今、活用可能なサービスは最大限活用して欲しいなと思います。

 

無料で活用できる動画コンテンツも紹介した記事を作成しましたので、気になるあなたはこちらへ↓

>>動画コンテンツが有効な理由と無料の動画学習コンテンツはこちら

すでに動画学習サービスを検討していて、いくつかのサービスに的を絞っているあなた向けに、ランキング形式のまとめ記事も作成しました↓

>>動画学習サービスは「動画授業の充実度で選ぶ!」選び方とランキングをまとめました

大学受験と部活の両立について「まとめ」

大学受験と部活の両立についてまとめました。

結論をもう一度くりかえすと「大学受験と部活の両立は可能」です。なので「部活を続けたいけど、大学受験するなら辞めないといけないのかな…?」と悩んでいるあなたは、すぐにやめる必要はないです。まず大学受験と部活を両立する方法を探っていきましょう。

そして大学受験と部活を両立するコツは

  • 時間の有効活用
  • ツールを最大限活用すること
  • ダラダラやってしまった自分を責めないこと
  • 動画学習を活用すること

この4つです。

大学受験と部活を両立した経験は今後の人生に大きく役立ってきます。あなたがやりたいことを最大限やりながら、結果を掴み取れるように応援しています。

頑張っていきましょう!

 

よし!部活と大学受験をしっかり両立していくぞ!と決めたかたはこちらもみておきましょう。

>>「動画で学習が有効な理由」と「部活と勉強の両立で活用したいサービス」はこちらで確認

【2020年最新版】利用しやすい高校生向け通信教材ランキング!部活と勉強の両立にはスタディサプリ!
高校生向けのおすすめ通信教材を知りたいです!部活と勉強の両立が大変で...。なんとか効率的に学習がしたいんです!...

コメント

タイトルとURLをコピーしました