小学生で勉強についていけなくなる2つの理由!解決策になる通信教材も紹介!【過去単元を理解できてますか?】

小学生_勉強_ついていけないのアイキャッチ画像 コラム
うちの子、小学生なんですがなかなか勉強についていけなくて。どうすれば他の子みたいに、授業についていけるようになるんでしょうか?勉強が苦手な理由とか、対策について知りたいです。え、勉強が苦手な子向けの通信教材なんてあるんですか??

そんなあなたのためにまとめました。

勉強が苦手だと焦りますよね。

周りがひょうひょうと勉強をこなしていると、不安になると思います。

勉強が苦手な理由ですが、過去の単元の理解が足りていなかったり、情報のビジュアル化が足りていないことが、理由のひとつだと思います。

その辺りについて詳しく解説しました。

 

また、実は「勉強が苦手な子」を引き上げることを目的にした通信教材があるのはご存知ですか?

すらら」という教材なのですが、勉強が苦手になる理由の解決策としてぴったりかと思いましたので、その教材の紹介もしています。

継続率が高い教材なので、通信教材がなかなか続かないお子さんでも取組みやすいかと思います。

ぜひご参考ください。

 

この記事では勉強が苦手な理由について解説した後、その解決策まで解説しています。

お子さんの勉強への抵抗が減るきっかけになればと思います。

ぜひ最後まで読んでいただいて、参考にしてください!

「勉強が苦手」は直せます!原因をしっかりと把握して、勉強への抵抗を減らしてあげましょう!
スポンサーリンク

小学生で勉強についていけない理由は2つ!

小学生で勉強についていけなくなる理由は2つ。

  • 過去の単元が理解できていないから、新しい単元が理解できない
  • ビジュアルでのイメージが苦手

「勉強ができない!」という悩みは、生まれ持ったセンスが関わった漠然としたものと捉えがちですが、しっかりと課題を把握してアプローチしていけば、徐々に改善可能です

子供の勉強をサポートするために、いろいろな企業が苦心して、いろいろな研究機関が研究を重ねています。

そういった「頼りになる人たち」の恩恵にあずかりながら、徐々に良い方向に持っていけたら良いかと。

そのためにも、まずは「なぜ勉強が苦手なのか?」ということをしっかりと理解しておくようにしましょう。

順番に解説を加えます。

 

過去の単元が理解できていないから、新しい単元が理解できない

過去の単元が理解できていないと、新しい単元をしっかりと理解することは難しいです。

なぜなら、過去の単元の積み重ねの上に、新しい単元の内容があるからです。

 

例えば、少数と分数などが良い例です。

少数を理解できていないと、分数をしっかり理解することができなくなってしまいます。

例えば「1/2=0.5 だよ」と伝えても、ちんぷんかんぷんになってしまうでしょう。

過去の単元の理解ができていないと、他の単元も理解できなくなってしまう、という良い例かと思います。

 

ちなみに、こういった例は中学生になってからの内容にも通ずることがあり、 かけ算をしっかりと理解できていないと関数を理解することが難しくなるでしょう。

✅かけ算につまづきがあると、「y=ax」という式を理解できなくなってしまいます。

このように、過去の単元を理解できていないと、新しい単元が理解できないということが多々あります。

そのため、お子さんが勉強を理解できていない時には、「過去の単元が理解できていないのかも?」と疑ってあげる必要があります。

 

ビジュアルでのイメージが苦手

勉強になかなかついていけない場合、勉強をビジュアルで捉えることが苦手である可能性があります。

ビジュアルでイメージすることが苦手だと、なかなか勉強の理解が追いつかないことがあります。

 

「ビジュアルでイメージするってどういうことよ?」という声もあるかもですので、具体例です。

算数1つとっても、ビジュアルでイメージできるかどうかで、理解の進みが大きく変わってきます。

下記の画像をご覧ください。

勉強はビジュアル化が大事

同じ「2+3」という問題を解いていますが、右側はビジュアルでイメージしているために「5+3」になったとしても応用が効きますが、左側はただの暗記ゲームになってしまっています。

小さい頃、お道具箱に「計算ブロック」という、グッズがあった人もいるかもですが、あれを頭の中でできるかどうか、という話ですね。

 

これは国語などでも同じです。

文章を読んで、それを頭の中で映像化できるか、文字のまま残ってしまうか、で理解に大きな差が生まれてしまいます。

「うちの子、なかなか勉強についていけないみたい」という場合には、頭の中で映像化できているかな?ということを疑ってみると良いです。

「あ、文字のままで理解しようとしているな」という気づきがあれば、映像に置き換えてあげることを促してあげればOK

 

効率の良い学習をする必要があります

ここまでで、勉強についていけないときの理由はこの2つということでまとめました。

  • 過去の単元が理解できていないから、新しい単元が理解できない
  • ビジュアルでのイメージが苦手

各解説はすでに述べたとおりですが、この2つの理由を踏まえて総じて言えるのが、勉強が苦手な子は「効率的な学習ができていない」ということかと思います。

  • 過去の単元が理解しきれていないのに、新しい単元を無理やり詰め込もうとしてしまう。
  • 頭の中で映像化せずに、文字のまま暗記しようとしている。

なかなか勉強が進まない理由は、ここにあるかもです。

パパママから、「過去の単元の理解」「イメージでの理解」を促すとともに、いろんな教材などを活用しつつ、効率的に学習を進める必要がありそうです。

今ついていけないと、進学後に苦労する可能性あり

ここまで読んでいただくと、少し察するかもですが、今の学習の遅れを放置してしまうと「進学後にも苦労する可能性」があります。

なぜなら、先ほど関数の例でも取り上げましたが、小学生で習う単元は中学校以降の学習にも大きな影響を与えるからです。

これは当然、他の教科でも言えることで、国語で「文章のイメージ化」が習慣づいていないと、本格的な英語学習でも苦労することになるでしょう。

受験や就職にも影響が出るかもしれません

小学生で勉強に遅れが出ると、中学生にも影響が出るかも、という流れをより長いスパンで見ると、受験や就職にも影響を及ぼす可能性ありです。

受験勉強は、高校までの基礎知識をもとに積み上げていくものなので、そこまでの積み上げがぐらついていると、なかなか定着してくれないはず。

 

高校受験は、入る学校によって「周囲の環境」が決まることになります。

より意識が高い学校に入れば、周りがいろいろな場面で自然と引き上げてくれることにもなるでしょう。

もちろん、勉強が全てとは言わないのですが、少しでも良い環境を経て大人になって欲しい、と考えるのであれば、素直さが残る小学生の頃から習慣づけることが大事になってきます。

 

勉強の遅れを取り戻すことに強い通信教材があります

ここで、こんな教材を使ってみたらどうでしょうか?というご提案です。

「すらら」という教材なのですが、ご存知でしょうか。

通信教材というと、「より良い学校にいくために!」とか「80点を100点にするために!」という教材が多いです。

しかし、この「すらら」は「勉強についていくのに苦労している子」を引き上げることに特化している通信教材になっています。

 

すららの特徴がこちら。

  • 無学年式(過去単元への振り返りが簡単)
  • ビジュアルでの理解に特化

学習が少し苦手な子供でも、抵抗なく取り組めるように、とてもよく作り込まれたシステムになっています。

まだまだ学習の進め方が定着しないという子でも安心して取り組むことができます。

特徴を順番に解説します。

 

無学年式で過去の単元に振り返ることが簡単にできる!

すららのシステムは「学年の概念を取り払った形」になっており、単元ベースで学習を進めることとなります。

 無学年式学習のスクショ

このことにより、過去の単元に振り返りやすくなっており、仮に理解が足りていない単元があっても安心です。

しっかりと振り返って、理解を深めた上で新しい単元に取り組むことができます。

>>すららの無学年式については詳しくはこちらから(公式サイトに飛びます)

 

ビジュアルでの理解に特化しているので、置いていかれない!

すららの学習は、タブレットやパソコンを使用することになり、内容はビジュアルメインになっています。

実際に動いている様子がこちら。

すららをMacBookAirで動かしてみた!

問題と一緒にキャラクターや、問題に沿ったビジュアル(ケーキを等分したイメージなど)が出てくるので、頭の中での整理が苦手な子も、イメージを膨らませるコツを掴むことができます。

子供:あ、この問題はケーキを切り分けるように考えたらいいのか!次から同じように考えてみよう!

こんな感じで、イメージ化のコツを掴むことができるはず。

>>すららの学習が飽きずに続けられる理由とは(公式サイトに飛びます)

 

これらの特徴から分かる通り、「すらら」は学習が苦手な子も置いて行かないようなシステムになっています。

他の通信教材は「より良い受験のため」のレベルが高い教材が多いなか、すららは少し一線を画す仕様です。

「学習が苦手な子を引き上げること」にたくさんの時間を割いて、完成しているサービスになります。

 

勉強の苦手克服に活用可能なのではないかと思い、紹介させていただきました。

すららは無料で資料請求をすることができます。

資料請求をしたからといって、必ずしも入会しないといけないわけではないので、内容に興味があるあなたは、ぜひ一度詳細を確認して見てください。

>>すららの無料資料請求はこちらからどうぞ

資料請求をすることで、すららというサービスについてより体系的に理解することができますよ。

少しでもお子さんの成績向上のために役立ててもらえればと思います。

すららの資料請求をしてみた!資料請求でわかったすららの特徴とは?【勉強に置いていかれる心配なし】
すららの資料請求をしようと思うんですが、資料って結局webページに載ってることと同じじゃないの? わざわざ資料請求をす...

 

すららの受講料金はこちら。

金額
入会金 7000〜1000円(コースによって異なる)
月額料金 7480円〜9980円(コースや支払い方法によって異なる)

この月額料金ですが、他の教材と比較すると正直少しだけお高めです。

 

例えば、進研ゼミ(小学校6年生の場合)の料金は下記の通り。

金額
入会金 0円
月額料金 5730〜6440円(コースや支払い方法によって異なる)

>>進研ゼミも資料請求可能ですので、詳細はこちらからどうぞ

比較すると、こんな感じですが、その分の付加価値がしっかりと乗っかっているのがすららです。

 

すららの良いところがこちら。

  • 高い継続率…89.9%
  • すららコーチが子供に合わせてアドバイスをくれる
  • 理解に合わせた反復学習を自動で行ってくれる

こんな感じ。

 

継続率については、言わずもがなと言える高さです。

100人の受講生に対して、辞めてしまう人が10人程度しかいません。

なかなか続かないイメージがある通信教材としては驚異的かと。

そのほかの「すららコーチ」「反復学習」について、解説を加えます。

 

「すららコーチ」が学習をサポートしてくれる

すららでは、お子さんの特性をヒアリングしてくれた上で、最適な学習プランを「すららコーチ」が提案してくれます。

学習の履歴などを追いかけて、カリキュラムの設定までしてくれます。

これはなかなか手厚いフォローかと。

安価な通信教材では、ここまでつきませんので、かなり力強いサポートとなるはず。

 

「反復学習」のシステムが優秀

すららでは、間違えた問題を「少しわかりやすく噛み砕いた上で」再出題してくれます。

そのままの出題では、なかなか正解を導き出せなくて、子供もイライラしがちですが、これなら安心。

順を追って理解を促してくれるので、一歩ずつ確実に理解を深めることができます。

間違った問題を再出題してくれるのは、よくあるサービスですが、すららはもう一歩踏み込んで助けてくれます。

「できるようになった!」という感覚が得られるので、子供にとっても達成感を得ながら進められるはずです。

 

小学生で勉強についていけない理由|まとめ

「うちの子、なかなか小学校の勉強についていくことができない」というお悩みについてまとめました。

ポイントを再度まとめると以下の通り。

  • 学習についていけなくなる理由は「過去単元の理解不十分」「内容のビジュアル化ができていない」の2つ
  • 今よりも効率よく学習を進めていく必要があるかも
  • 今のつまずきは将来の受験や就職にも影響してくるかも
  • 1つの手段として「すらら」という通信教材があります
  • 「すらら」は学習が苦手な子も取り組みやすいサービス
  • 無料資料請求で「すらら」の詳細な情報をゲットできます

こんな感じ。

 

学習が苦手な子の1つの解決手段として、「すらら」という通信教材を紹介させていただきました。

気になるあなたは、ぜひ一度無料で資料請求をどうぞ。この記事での、私の説明よりもわかりやすく解説してくれていますよ。

 

勉強が苦手だからって諦める必要は全くないですよ。

少しの考え方の違いで、成績は大きく変わってきます。

少し前に「ビリギャル」が話題になったじゃないですか。そのイメージですね。

たとえ、今の時点で成績が悪くてもそこまでネガティブに捉える必要なし。

何かきっかけがあれば、きっと成績も上向くはず。

この記事がそのきっかけの1つになればと思います。

頑張っていきましょう!

 

あ、ちなみにこれを機に通信教材を検討してみようかな、というあなたは進研ゼミも一緒に資料請求してみては?

>>進研ゼミも資料請求は無料です。詳細はこちらからどうぞ

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました