浦和レッズファン必見!
簡単!電気代診断!

浦和レッズを応援しながら
\電気代を10,000円以上節約!?/


しかも今だけ!
「本革製浦和レッズエンブレム入り
レザーネームタグ」

プレゼント中!


詳細は下記のリンクから!      

公式サイトで
年間どれくらいお得になるか確認可能!


プレゼントの本革製レザーネームタグの詳細も
こちらのリンクからチェック!↓

\あなたの電気代を無料で診断!/
レッズ電気でいくらお得になるか確認する!

中学校に上がるとサッカーはこう変わる!ルールと生活環境の変化についてまとめました【サッカーと勉強の両立】

サッカー_中学生のアイキャッチ画像 コラム
うちの子、次は中学生になるんですが、中学校に入るとサッカーはどう変わるんでしょうか?なんかボールが大きくなったりするらしいじゃないですか。そのほかのルールも変わるんでしょうか?あと当然、勉強などの学校生活にも変化があると思います。しっかりと備えておけるように、今のうちから色々と知っておきたいんですが。

そんなあなたのためにまとめました。

おっしゃる通り、サッカーのルールは大きく変わります。

コートは大人サイズになり、ボールは5号球が基本になります。

今まで以上に、たくさんの距離を走ることが求められますし、重たくなったボールを遠くへ飛ばすための筋力も必要になります。

求められることも増えて、練習もハードになるでしょう。

 

それに加えて、勉強を含めた学校生活も大きく変化することになります。

しっかりとサッカーと両立させないと苦労することも出てきます。事前にしっかりと情報収集をしておきましょう。

 

この記事では、中学校になったときに直面する「サッカーの変化」と「環境の変化」についてまとめました。

サッカーと学校生活は切っても切れない関係。どうしてもお互いに影響が出てきます。

筆者は中学生のサッカー指導を行なっていた経験もありますので、その経験も踏まえてまとめました。

しっかりと備えておけば大丈夫。

変わることを早めに知っておいて、しっかりと準備をしておきましょう。

サッカーのルールの変化も大きいけど、学校生活などの環境変化も大きいです!特に勉強に関してはしっかりと復習をする習慣をつけないと大変!しっかり備えましょう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学校になるとサッカーはこう変わる!

小学校から中学校に上がると、大きく変わるのが以下の5点。

  • サッカーのルール
  • サッカーの道具
  • サッカーで求められる技術
  • 会場までの通い方
  • 学校での勉強

中学校になると、小学校よりも自立した行動を求められるようになり、子供自身の裁量も増えます。

集合時間に間に合うようにするには、何時に出発して何時の電車に乗る必要があるのか。

練習試合ということは、何色のユニフォームを用意すれば良いのか。

こんなことをある程度、自分で考えて行動に移すことを求められます。

 

とはいえ、中学入りたての場合、まだまだ小学生マインドも残っているはず。

そのため、親のフォローがある程度求められます。

「あ、中学生になるとこんな変化があるんだ」ということを理解しておいて、適切なフォローが出来るように備えておきましょう。

順番に解説します。

 

【サッカー】中学校から変わること|サッカーのルール

フェンスとサッカーゴール

中学生になると、体の成長に合わせて、サッカーのルールが変化します。

大きく変わるのは下記の3点。

  • コートが大人と同じサイズになる
  • ボールのサイズが5号球になり、こちらも大人と同じサイズになる
  • 試合時間が伸びる

こんな感じ。

 

中学校になると、試合時間以外がほぼ大人と同じルールになると思っておけばOK

8人制サッカーの、約2倍のサイズのコートを走り回ることになります(縦の長さ:約100m 横の長さ:約70mの大きさのコートになります)。

 

パパママには、あまり直接の関係はないかもしれませんが、子供たちは戸惑うこと必至です。

今までコートの半分まで飛んでいたキックは、ボールが重たくなって全然飛ばなくなり、足が速い子との差は、コートが大きいことでより顕著に現れることになります。

 

しかし、この悩みに関してはそこまで過敏になる必要はなし。

後述しますが、子供の成長スピードについては個人差が大きい上に、大人になるにつれて、体格差はそこまで大きく無くなります。

体が小さかったり、コートの大きさに馴染めない時も、その時出来ることに精一杯取り組んでいれば、いずれ差は埋まっていきます。

子供は親の態度をとても繊細に感じ取りますので。

パパママまで必要以上に焦る必要はないです。自信を失わないような声がけを心がけてあげてください。

試合のルールは大会のレギュレーションによって異なりますので、例外もあります。ご了承のほどを。

 

【サッカー】中学校から変わること|サッカーの道具

miterのサッカーボール

中学校に上がると、道具にも変化があります。

  • ボールが5号球になる
  • 取り替え式スパイクがOKになる
  • 道具の消耗が早くなる
  • チーム所有の備品管理を子供がすることも(ボールを会場まで持って行ったり)

こんな感じ。

ボールに関しては先述の通りでして、4号球だったものが5号球になります。

新しく用意することになりますので、まだのあなたはこちらの記事からどうぞ。

丈夫なサッカーボールを選ぶコツ!ペレーダを選んでおけば間違いなし【長持ちさせる方法も紹介】

丈夫なサッカーボールを探しているのですか?丈夫なサッカーボールをであれば「ペレーダ」というサッカーボールがおすすめです。ペレーダは部活の定番と言われており、耐久性は抜群です。安価だからといって、適当なボールを購入してしまうと、余計な買い直しが発生する可能性もあり。しっかりしたボールを購入して、大事に使用するのが正解です。道具を大事にする習慣も、身につきますので。

 

また、中学校に入ると道具の消耗が早くなります。

理由は2つほどで、下記の通り。

  • 練習の頻度が上がる
  • 体が大きくなりパワーが上がるから

体が大きくなると、道具の消耗も早くなります。

小学生のトップスピードと、中学生のトップスピードでは、おおきな差があるので、ギュッと踏み込んで止まるときのスパイクへのダメージも変わってきます。

スパイクが削れたり、ソックスが破れたりする頻度も多くなるでしょう。

 

なので、あまり高価な道具をいちいち用意していると、家計の負担が大きくなるかもしれません。

とくにスパイクについては、高価な一足よりも、安価なものを二足購入しておくのがおすすめだったりします。

練習の頻度増加に備えて、雨などにも対応できるようにしておくと良いですよ。

詳しくは下記の記事で解説していますのでご参考までに。

雨用のサッカースパイクを選ぶポイント!人工皮革を選ぶと手入れがラクです【おすすめスパイクをまとめました】

雨用のサッカースパイクをお探しですか?雨の日用のサッカースパイクを選ぶポイントをまとめました。雨の日には人工皮革のスパイクを選ぶと良いですよ。天然皮革のスパイクが雨に濡れてしまうと、革がパリパリになってしまって手入れが大変ですので。おすすめの人工皮革スパイクと合わせてまとめています。

 

【サッカー】中学校から変わること|サッカーで求められる技術

試合中の競合い

中学校になってくると、求められる技術も変わってきます。

  • 確実な「止めて蹴る技術」
  • 強いフィジカル
  • 安定したメンタル

中学生になると、より「大人のサッカー」に近づいてきますので、上記のような技術が求められることになります。

 

特に「止めて蹴る技術」については、中学1年生から2年生くらいまでには確実に身につけておきたいところ。

サッカーには「ゴールデンエイジ」という考え方があり、基礎技術の向上には12歳前後がもっとも最適と言われています。

U-10U-12年代は心身の発達が調和し、動作習得に最も有利な時期とされています。集中力が高まり運動学習能力が向上し、大人でも難しい難易度の高い動作も即座に覚えることができます。
「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、世界中どこでも非常に重要視され、サッカーに必要なあらゆるスキル(状況に応じて技術を発揮すること)の獲得に最適な時期として位置づけられています。

出典:JFAキッズ(U-8/U-10)ハンドブック

こちらには「U-10U-12年代(10歳から12歳)」という記述がありますが、中学1年生から2年生であれば、まだまだ全然伸びます。

むしろ、ちょうど環境が変わって「うまくなりたい!」という自我が芽生え始める頃なので、中学1年生から2年生くらいで本気で取り組めると、その期間でガツっと伸びる子が多い印象。

逆にこの期間を逃すと、その後のプレーヤー人生に長く響くと思います。

この時期にガッツリと取り組めないと、やはり大人になっても硬さが残るボールタッチになるかなと。

 

基礎練習は単調なので、退屈しがちなのですが、しっかりと取り組むように声がけをしてあげましょう。

 

【サッカー】中学校から変わること|会場までの通い方

ここからはサッカー周辺の変化です。

中学生になると、サッカーの通い方も変化します。

  • 集合時間や行き方を自分で管理するようになる
  • 送り迎えがなくなり、自ら電車移動をするようになる
  • 場合によってはチームの荷物を当番制で運ぶことも

親のフォローから徐々に離れ、自立した行動が求められるようになります。

 

パパママからすれば、少し不安もあるかもですが、案外子供たち自身でなんとかしてくれます。

中学生までくれば、意外とたくましいです。道に迷ったりしても、なんだかんだで周りの大人に聞いたりしてなんとかします。

最初は失敗もあるかもですが、そこは辛抱強く見守ってあげて、過干渉はNGです。

大人への第一歩だと思って、寛大に支えてあげましょう。

 

それでも、教えてあげないといけないのは、移動時のマナーです。

電車移動時にうるさい、横に広がって道を塞ぐ、道中で調子に乗って大声を出す等々、まさかのマナー違反でチームに迷惑をかける可能性もあります。

いけないことはいけない、と毅然とした態度で接するようにしましょう。

 

【サッカー】中学校から変わること|学校での勉強

中学生になると、勉強の環境も変化します。

  • 練習の時間が増えて、勉強時間が取れない
  • 練習がハードになって、勉強する体力がない
  • テスト期間があって、集中した勉強が必要になる

小学校の頃には、それなりの勉強で良い成績が取れていた子も、徐々に意識的に勉強をしないと点数が取れなくなってきます。

 

特にサッカーをやっている子供は、サッカーをやったあとに「隙間時間を使って」「疲れた体で」勉強することになるので余計大変です。

チームによっては、テストの成績が悪いと試合に出られない、というルールを設けるところもあったりします。

取り組み方を工夫して、より効率の良い勉強スタイルを確立しないと、サッカーも学校生活もうまくいかなくなってしまう可能性もあり。

それを避けるためにも、家庭学習の習慣をしっかりと身に着けるようにしましょう。

 

ちなみに、塾に通わせるという選択肢もあるのですが、サッカー以外の限られた時間で通うのは大変です。

結局、塾に行ってもなかなか効率よく勉強できない、という悪循環に陥ることもあるかと。

 

サッカーと勉強の両立させるなら、進研ゼミなどの学習ツールを活用するのがおすすめ。

もちろん、教科書で勉強もできるのですが、進研ゼミであれば一定期間ごとに教材が届いて、要点に絞った学習ができるので、メリハリをつけた勉強ができます。

うまく活用していくことで、サッカーとの両立をサポートしてくれるはず。

今なら無料で資料請求もできるので、今のうちに試してみるのも良いかと思います。

↓資料請求はこちらから


>>進研ゼミ中学講座の入会はこちらから

ていうか、今の進研ゼミはタブレット使って勉強できるんですね…。すごい時代ですよほんとに。

中学校のサッカーで求められる「親のフォロー」

中学校になったら、サッカーはこう変わるよ!という内容をまとめました。

ここからは子供が中学校に上がるに当たって、意識しておきたい「親のフォロー方法」についてまとめます。

 

ポイントは下記の3点。

  • 環境に馴染むためのフォローを!
  • 体の成長スピードに過敏になりすぎないこと
  • 適切な道具の用意をしてあげましょう!

 

中学校に上がると環境がガラッと変わります。

他の小学校からくる友達と一緒になったり、厳しい先生が登場したり、通学時間が長くなったり

子供は表に出さないかもしれませんが、意外と悩んでいることがあるかもしれません。

その時は優しくフォローしてあげましょう。

 

子供の「体の成長スピード」に過敏になりすぎないようにしましょう

また体の成長スピードには敏感に反応しすぎないようにしましょう。

いま体が小さくても、いずれ身長差は小さくなりますし、時間が経てばみんな大人の体つきになってきますので。

 

中学生は成長期です。

夏休みの期間中に身長が5cmくらい伸びた!ということだってざらにあります。

 

しかし、体の成長スピードは個人差がとても大きいです。

ドカンと伸びる子もいれば、あまり一気に伸びない子もたくさんいます。

体が小さい子は、当たり負けをしてしまうため、悩むことも多いでしょう。

 

でも正直、心配する必要はないです。

体が小さい子は、体が小さい時期をグッとこらえてサッカーに取り組めば、高校以降で一皮剥けます。

詳細はこちらの記事でまとめましたので、ご参考ください。

少年サッカーで身体が小さいことはメリットです!身体が小さい子の技術を伸ばす方法!
ウチの子ども、背が小さくて... 試合や練習でも当たり負けしてしまうんです... 本人も身体が小さいことについて、少し...

 

子供自身が体が小さくて悩んでいても、親が過敏に反応してはダメです。子供は親の焦りを察しますので。

大丈夫。真剣に取り組んでいれば、これから伸びます。

しっかりと知識を備えて、どっしりと構えて支えてあげましょう。

 

中学校で戸惑わないために!小学生のうちから備えておきたいこと

中学校で戸惑わないために、小学生のうちから備えておきたいことを再度まとめます。

  • 学習習慣を定着させること
  • 時間の管理や道具の管理を自分でできるようになること

中学校に入ると、ある程度の自立を求められるようになります。

とくに学習に関しては注意です。

サッカーの練習時間がのびて、練習がハードになると、しっかりと成績を維持することが大変になります。

小学生の意識のまま、突入してしまうと痛い目をみるはず。

 

学習のレベルも上がり、勉強時間も減る。負のループに陥ってしまう可能性ありです。

 

おまけにチームの決まりで「成績が下がったら試合に出れない」という決まりまであったら、ダブルパンチです。

大事なのは家庭学習の習慣を定着させること。

塾に行くのは金銭的負担も大きいですし、子供自身の体力的な負担も大きいです。

いろいろな家庭学習ツールがありますので、早め早めに検討を始めることも大事です。

 

進研ゼミなどであれば、無料体験教材もあるので、一度触ってもらった上で子供の意思を聞くことができます。

結局は、子供自身が「これでやろう!」という気持ちを持たないとなかなか続かないので

実際に触ってみることは大事です。

 

筆者自身も、進研ゼミでサッカーと勉強の両立を乗り切った経験があります。

予備校に行くよりは、だいぶ費用を抑えることができたのかなと思っています。

しっかりと備えていきましょう。

 

中学校になったらサッカーはこう変わる!|まとめ

中学校になったら、サッカーはこう変わるよ!という内容をまとめました。

最後におさらいすると下記の通り。

  • 中学校は大人への第一歩!サッカーのルールも環境も大きく変わります。
  • 特にサッカーの技術は「基礎技術の向上」が重要!ゴールデンエイジは今だけです。
  • 環境変化のキーワードは「自立」!持ち物や時間管理を自分でできるようにしましょう
  • 勉強のレベルも上がります。サッカーとの両立はよりハードになるはず。学習習慣の定着をしっかりと!

こんな感じ。

 

中学生になると、あらゆる面で小学生よりもハードな生活を送ることになるでしょう。

サッカーのルールは変わり、練習はハードになる

勉強は難しくなり、しっかりやらないとついていけなくなる

正直最初はハードルだらけです。でも、しっかりと取り組めば大丈夫。

 

むしろ、学生時代にやりきった経験は大人になってからも自信になるはず。

しっかりとフォローしてあげて、より良い経験ができるように支えてあげましょう!

>>進研ゼミ中学講座の入会はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました