サッカー選手のセカンドキャリアについてまとめました。アマチュアクラブに行く人も増えてます【サッカーリーグのシステムについて解説】

サッカー

昔からサッカーは好きでよく見ていたんですが、小さいころに応援していた選手がみんな引退してしまって
時の流れって速いですね(遠い目)。

「学生のころ応援していたあの選手は、いまどこで何をしているんだろう?」

「目標にしていたあの選手はまだサッカーを続けているのかな?」

ふとした瞬間にこんなことを思い出す人もいるのではないでしょうか?

 

はたまた、

「そういえば、〇〇って選手が聞きなれないチームに入ったってニュースを見たな…」

というきっかけで、この記事にたどり着いた人もいるかもしれません。

 

そんなある種のノスタルジー(?)に浸っているあなたのために、元プロ選手のキャリアに少し首を突っ込んでみようと思います。

そういえばこの前はガンバ大阪だった二川選手が、関西リーグのクラブに行ったって聞いたかも!
サッカー選手ってバイタリティがありそうだから、
表舞台から身を引いた後もいろんなところで活躍していそうですよね。

そうなんです。

特にアマチュアチームへ移籍するというキャリアが最近とても増えています。

なぜ元プロの選手はアマチュアチームにキャリアを移していくのか、アマチュアサッカーの魅力と仕組みについても見ていきましょう!

 

 

この記事を読むと…

元プロ選手がなぜアマチュアクラブを選ぶのかわかる!

アマチュアサッカーの魅力と仕組みをざっくり理解できる!

 

 

スポンサーリンク

あの元Jリーガーは何をしている?

ということで、まずは2人の元プロサッカー選手の現在のキャリアを見てみましょう。

 

福西崇史さん

 
ボランチ専門講座 新・新装版

言わずと知れた元日本代表のボランチの選手ですね。

ジュビロ磐田に所属していた頃には、

テレビ番組で日本人最速のシュートスピードを記録したり、跳び箱で記録を作ったりと、身体能力にも秀でた選手でした。

 

福西選手は現在43歳。そして現在は東京都1部リーグ所属の南葛SC(南葛SC HPリンク)で監督を務められています。

2018年に一度選手として南葛SCに入団された後、2019年シーズンからは監督として指揮を執っています。

ちなみにinstagramのアカウントもお持ちで、日々の活動について投稿されています。

 

気になる方はフォローしておきましょう。

 

岩政大樹さん

 
PITCH LEVEL: 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法

この方も言わずと知れた元日本代表のディフェンダーですね。

Jリーグでは鹿島アントラーズなどに所属。ヘディングを武器にディフェンダーながら得点も良く上げていた選手です。

2007年にはディフェンダーとして、Jリーグタイ記録となる4試合連続ゴール記録を上げています。

そしてJリーグで活躍したのちは、東京ユナイテッドFC(東京ユナイテッドFC オフィシャルHPリンクプレイングコーチとして加入され、2年間活躍されました。

ちなみにこの試合は管理人も見に行ったことがありますが、やはり存在感はケタ違いでした。チームメイトも全幅の信頼を寄せている、そんな印象を受けました。

 

現在は解説者として活躍しつつ、PITCH LEVELラボというコミュニティを立ち上げられて、サッカーについて語り合う場を提供されています。

ちなみにTwitterはこんな感じ。

 

いままでトップレベルで活躍してこられた、岩政さんならではの実感に基づくツイートが並んでいてとても興味深いです。

 

サッカー選手の内面に興味がある方はこちらに本をまとめました→【読書】スランプを抜け出す!なかなか抜け出せない不調に効くサッカー選手の本

 

最近の元プロ選手の共通点

この二人の選手に共通しているのが、アマチュアクラブをキャリアとして選んだということです。

しかもこのキャリアの選び方については、この2選手だけではありません

永井雄一郎や阿部翔平など、都道府県リーグでもプロ契約の選手がプレーしている。10年ほど前までは想像もできなかったであろうことが今起きている。

出典…ゴラッソ「元日本代表も多数!?アマチュアカテゴリーに移籍したJリーガー達」

こんな記事にもあるように、最近の流れとしてJリーグ→アマチュアクラブという流れがあるようです。

 

いままでトップクラブでプレーしてきた選手がなぜ下位リーグのクラブを選ぶのか?

単純に全盛期が過ぎたから?

しかしアマチュアサッカークラブについて見てみると、それだけではなさそうです。

アマチュアサッカーの魅力について解説しながら見ていきます。

 

アマチュアサッカーの魅力

ここでは具体例を出しながら、アマチュアサッカーの魅力について紐解いていきたいと思います。

FC町田ゼルビアの例


不屈のゼルビア (ELGOLAZO BOOKS)
 

最近(2019年10月22日現在)、チームの名称騒動で荒れているFC町田ゼルビアですが…(笑)。

このチームの歴史をご存じでしょうか?

現在はJ2で戦っているFC町田ゼルビアですが、チームの立ち上げは1989年まで遡ります。

東京都町田市のクラブチームに所属していた選手を選抜して立ち上げたそうです。

そして最初に所属したチームは「東京都4部リーグ」。これは東京都で一番下のカテゴリーです(上位リーグとつながりがない区リーグを除く)。

東京都4部リーグは実質9部リーグ相当です。

そこから這い上がること24年。FC町田ゼルビアはJ2リーグまで這い上がり、現在に至ります。

 

ここでの注目ポイントは、

「アマチュアチームでも、這い上がればJリーグまで行ける」

ということです。

仕組みをざっくりと図で見るとこんな感じです。

出典…ジョイフル本田つくばFCブログより

各リーグで上位に食い込めば、上のカテゴリーに昇格でき、最終的にはJ1リーグで闘うことができる仕組みになっています。

(厳密には上位リーグに行く際に必要要件などが決まっています。そのため結果を残してもまっすぐに上がれないこともあります。)

 

これはよく考えてみるととてもすごいことで、夢のあることです。

例えば野球ではこんなことはありません。

どんなに頑張っても「アマチュアで結果出したのでセ・リーグに参戦します!」ということは現行のシステム上起こりえません。

 

しかしこれが実現するのがサッカーの世界です。

さらに言えば、どんなに下位のチームであれど、カップ戦などを勝ち進めば天皇杯という大会で日本一を目指すこともできます。

 

その瞬間のプレーのすばらしさだけではなく、

昇降格ジャイアントキリングが起きるような「夢を持つことができる全体のシステム」。それもサッカーの面白さかと思います。

ここに元プロ選手がアマチュアというキャリアを選ぶ理由も一つ隠されていそうです。

 

東京ユナイテッドFCのビジョン

東京ユナイテッドFC オフィシャルHPリンク

ここで東京ユナイテッドFCという関東サッカーリーグに所属するクラブを見てみます。

先ほど説明した通り、東京ユナイテッドは岩政大樹さんが所属されていたクラブです。

 

このクラブのHPを見ると、

2020年にJリーグ昇格、将来的には国際的なビッグクラブを目指すことを掲げていますが、それ自体が目的ではなく、あくまでも手段です。その闘いの過程で、スポーツの価値を社会に訴え、議論を重ねながら共通理解を深めていくプロセスが、日本における「スポーツ文化」の形成・発展につながるものと信じております。そして、スポーツ文化が根付く国際都市TOKYOの価値を世界に発信していきたい。

出典…東京ユナイテッドFC オフィシャルwebサイト「代表挨拶」

Jリーグ昇格を目指しているクラブであり、スポーツ文化の発展を本気で目指していこうとしている姿勢が伝わってきます。

 

元プロ選手たちはこういったアマチュアクラブのビジョンに共感して、Jリーグ→アマチュアというキャリアを選んでいるのだと思います。

いままでトップレベルで培ってきた経験を活かして、さらにサッカー界に貢献をしていきたい
どこかに活躍できる場所はないだろうか?

より経験豊富な選手の力を借りて、ビジョンの実現に向けて発展していきたい。

こういった利害の一致が、Jリーグ→アマチュアというキャリアの選択に寄与していると思います。

 

そしてこういったビジョンを掲げるクラブが出てくるのも、

「アマチュアクラブからでもJリーグを目指すことができる」

というサッカーのシステムがあってこそです。Jリーグという大舞台への道筋が整っているからこそ、チャレンジする人が出てくる。

これはサッカーの発展の上で非常に巧妙と言わざるを得ません。

 

このシステムから生まれたチャレンジャーたちのビジョンに共感した、経験のある選手」下部リーグに降りて、次代を担う人の手助けや育成をする。

とても良いシステムだと思います。

 

 

まとめ

アマチュアサッカーは「最下部リーグからでもJリーグを目指すことができる」

そして、そのシステムが「元プロ選手など優秀な選手をアマチュアへ呼び込む」

とても良いシステムが出来上がっていると思います。

 

「アマチュアクラブってそんなビジョンを掲げて頑張っているのか…!」

「一緒に応援していきたい!」

「元プロ選手の活動にも興味がわきました!」

という声があったらうれしいなと思い、記事にしました。

 

下部リーグの試合は本当に身近なところで行われています。

スタンドのないような小さなグラウンドなど、意外なところで開催されています。

あなたの近くでも開催されていないかどうか、探してみてはいかがでしょうか?

 

何かご意見等がありましたら、ぜひ管理人のTwitterまで!

フォロー、リプライお待ちしております!

 

サッカー選手の内面に興味がある方はこちらに本をまとめました→【読書】スランプを抜け出す!なかなか抜け出せない不調に効くサッカー選手の本

コメント

タイトルとURLをコピーしました